iPhone6、iPhone6 plusでSIMフリーに対応していないものとは?

2014年9月に発売されたアップル製のiPhone6iPhone6 plus

iPhoneシリーズを使い続けている人なら、この機種も使っている人が多いのではないでしょうか?サイズに違いがあり、自分の用途によって使い分けられるiPhone6(plus)はSIMフリー時代にも使うことが出来るのでしょうか?

スマホ模型

iPhone6(plus)には2つの種類がある

iPhone6iPhone6 plusにはdocomoなどのキャリアに依存するものと、生産時点でSIMフリー版として売られているものとがあります。

初めからSIMフリー版のものであれば、格安SIMを差し込むことが出来るようになっていて、キャリアに依存していないのが特徴です。

ですが、今回はキャリアに依存するものを対象としており、SIMフリーをするにはアンロックをしてもらう必要があります。そのため、自分のiPhone6がキャリアに依存するのかしていないのかをまずはじめに確認してください。

アップルがSIMロックを掛けている

Andoroid系のスマホ端末であれば、基本的にはキャリアがSIMロックを掛けているため、キャリアにアンロックの依頼をする必要があります。

ですが、iPhoneシリーズはアップル社がSIMロックを掛けているため、各キャリアの窓口に持っていって行っても、アンロックをすることが出来なくなっています。

そのため、他の端末とは違った方法でアンロックをする必要があるのです。

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_m

ファクトリーアンロックが主流

iPhone6iPhone6 plusをアンロックする方法の代表としてファクトリーアンロックがあります。これはiPhoneシリーズを通して、SIMロックを解除することが出来るサービスとなっていてiPhone6(plus)も対象となっています。

そのため、ファクトリーアンロックなどの方法を使って、iPhone6のアンロックをすることが出来、格安SIMを使えるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加