アプリの操作はwifi経由で通信費を節約可能

携帯電話が急速に普及しはじめて約十数年が経過していますが、特に携帯電話サービスの進化のスピードには目を見張るものがあります。
当初、携帯電話と言えば通話目的がほとんどであり、通話料も大変高いものでした。
その後、一部の携帯会社がメール機能を搭載したことにより、通話機能よりもメール機能を中心に使われることになり、特に若い女性の間ではかわいいアイコンを使った派手なメールを使うことが人気となっていました。

さらに、携帯電話会社の設備投資が進み、携帯の通話料も過去に比べて安くなり、固定電話の代わりとして携帯電話を普段の連絡先として使うことも一般的となってきました。
このような状況の中で、携帯電話からインターネットへのアクセスが可能となったことを契機に、携帯電話からインターネットサイトを閲覧することが当たり前となり、通勤、通学の時間には電車内などで多くの人が携帯電話の画面を見ているという状況になっています。
さらに、スマートフォンの登場により、自分の好みのアプリをインストールすることが可能となり、専用のアプリによってSNSなどへのアクセスも大変便利になりました。
しかしながら、スマートフォンのアプリのダウンロードや利用には多くの通信が必要となり、アプリの通信料だけで多くの支払いを請求されることもありました。
そこで、アプリ利用による通信料の節約方法としてwifiを利用した通信が広まっています。
wifiとはコンピュータなどの通信規格の一つで、簡単にスマートフォンからインターネットへのアクセスが可能となります。
家の固定回線にwifiのルーターを設置することにより、スマートフォンから家の固定回線経由でインターネットにアクセスすることが可能なため、スマートフォンからの通信料金を節約することが出来るのです。

また、繁華街などには無料のwifi接続ポイントがあり、これらを利用することによっても通信料を節約することが出来ます。
このように、気軽に使えるスマートフォンですが、wifi経由でアプリを使うことで、通信料を気にすることなく、安心してインターネットを利用することが出来るのです。

アクセスポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加