何故SIMフリー端末なら月額料金を抑えられるのか?その理由を解説

SIMフリー端末や格安スマホなどは、ユーザーにとっては安く通信料を抑えられるため、非常に嬉しいに違いありません。

ですが、「なぜ安くなるのか?」という理由を知らないと不安に思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで、何故SIMフリーであれば月額料金を抑えられるのか、分かりやすく説明していきます。

スマホ模型

1.通信容量に上限値を設定するため

通信プランの費用構成を見ると、大きく分けると3つから構成されています。それが通信容量、通信速度、オプションの3つです。

その中で、1GBや7GB、10GBプランなどがあり、通信容量に上限値を定めることで、インターネットに接続できる人の量を調節するのです。

このようにある一定量だけネットにつなげられるようになっているため、費用を安く抑えられるのです。

2.通信速度を遅くする

一方で「ネットの使い放題プラン」も存在しており、こちらは通信速度を300kbpsなどのように低速にすることで、ネットにつなげ放題にしています。

そのため、LTEといった高速回線を使うことが出来ないのが難点であり、ネットの速度を優先する人からしたら注意をする必要がある点です。

スマホを操作する手03

ネット販売などでコスト削減

また、DMM mobileなど各格安SIM会社がネットショップなどを使うなどして、人件費を削減しコスト削減を実現しているということも、月額料金が安くなっていることに繋がっています。

そのため、オプション料金が高く設定されていたり、サポートにお金がかかったりと、それぞれの企業ごとに独自のサービスを展開して差別化が行われています。

このようにネット環境への通信制限企業努力があるからこそ、月額料金を引き下げることが出来ているのです。ですので、格安SIMだからと言って不安がる心配はないので安心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加