「データ通信のみ」、「音声SIM」違いって何?

格安SIMには通話機能はついているの?それとも、ついていないの?

各社SIMフリーブランドが一斉にプラン出し始めて、似てるようで似ていないプランが多くて悩む。そのような人が多くいるようです。

プランには大きく分けるとデータ通信のみのプランと音声付データ通信のプランがあり、この違いについて分かりやすく説明していきます。

スマホを操作する女性

スマホはネットだけ使えればいいなら「データ通信のみ」

データ通信のみというのは分かりやすく言うと、ネットだけ使えるというものです。

スマホの機能を大きく分けると「ネット」と「通話」に分けることが出来ますが、その「ネット」のみをサービスとして提供しているものがデータ通信のみとなります。

こうしたプランが流行している背景には、携帯番号を持たなくてもアプリで電話が出来るようになっているためです。そのため、格安SIMには通話料を安く抑えることが出来るデータ通信のみのものが多くあります。

スマホで「通話」もしたいなら「通話付データ通信」

今までどおりにスマホでネットも電話も利用したいという人に向いているのが、「通話付データ通信」です。

こうしたプランを求める人には、今までの携帯番号をなくしたくない人やビジネスで使っている人などがいます。

そのため、3大キャリアと同じように電話番号も使いたい人に向けた通話付データ通信プランも提供されています。

スマホを操作する手

各格安SIM会社ごとにプランが違う

こうしたデータ通信のみのプランと通話付データ通信プランは各格安SIM会社ごとに提供内容が違っています。例えば、DMM mobileであれば、音声のあり・なし両方とも提供しています。

そのため、各SIMフリーブランドに申し込みをする前に、自分が希望しているプランがあるかどうかを確認しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加