SIMに乗り換えても安心?サポート体制を徹底検証!!

どうしても安いというイメージがあるとサポート体制に不安がある。

そのような認識の人は多いと思います。そこで各SIMフリーブランドサポート体制はどのようになっているのか、検証していきましょう。

スマホで電話する外国人男性

電話での対応がメイン

格安SIM会社のサポートとしては、主に電話対応が基本的なサポートとなりそうです。もちろん、中には実店舗を構えている格安SIM会社もあるので、店舗での対応も可能ですが、基本的には電話対応になります。

例えばBiglobeであれば月額475円で電話サポートを受けられるようになっています。また、DMM mobileなどの人気がある格安SIMブランドは今後、電話対応で24時間365日対応できるようにサポート体制を強化していく方針も出しています。

そのため、格安SIMがは主流になればキャリア並みにサポート体制が充実していくようになるのです。

店舗での対応も可能

格安SIM会社は「コストを抑えるために、ネット販売だけ」と言うものも多いですが、中には実店舗を構えているブランドもあります。

例えば、Y!mobileでは全国各地に実店舗を構えていてユーザーのトラブルに対応してくれています。また、ヤマダSIMなど家電量販店での対応もしてもらえるため、電話対応だけでは不満な人も安心できるでしょう。

Y!mobile_DIGNO T

基本は電話対応でトラブル解決

各SIMフリーブランドサポート体制の特徴は電話対応でトラブルを解決することがメインと言うことです。

また、こうした電話サポートには月額料金がかかる場合もあるので注意が必要となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加