コンピューター端末のwifiの意味

最近のコンピューター端末には、wifi対応の機器が沢山存在します。このwifiの意味は、一体何なのでしょうか。wifiの意味とは、特定の団体によって認可された、通信機器であるという証明です。このwifiの認定マークが付いているということは、他のwifi機器と通信をして接続することが可能だという意味です。

例えば公衆無線LANなどの、ワイヤレスインターネットのアクセスポイントや、家庭用の無線LANルーターなどによる、無線LAN環境の構築の場合なども、かなりの割合で、このwifiの規格が利用されており、対応のコンピューター端末で、インターネット接続が可能だということです。

もしもこう言ったような共通規格が無いままに、スマートフォンやタブレットなどの小型のコンピューター端末や、デスクトップパソコンやノートパソコン、デジタル家電や家庭用ゲーム機が普及していたら、通信規格がバラバラで、家庭内で対応できない端末も存在していたかも知れません。

しかしそれぞれのコンピューター端末が、wifiの通信規格で共通していることで、すべてのコンピューター端末が、手軽にワイヤレスインターネットに接続することが出来ているのです。

それこそが共通規格の存在する意味なのです。コンピューター端末の普及台数は、今なお伸び続けていますし、一人あたりの所有台数も、以前と比べて多くなっています。

そもそもコンピューター端末や【データ通信端末】の種類も用途も多岐に渡るようになり、そしてそれぞれがインターネットへの接続機能を有しているのですから、ワイヤレスインターネットのシステムは、必須環境になっています。

wifiがあれば、沢山のコンピューター機器を所有していても、または家族などと共に、同時にコンピューター端末をインターネット回線に接続していても、快適にインターネットを利用できます。これほどコンピューター端末が普及したからこそ、wifiの存在が大きな意味を持ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加